引っ越しサミット

引っ越し手続きや費用など得するコツを紹介!

新築マンションへの一斉入居時の引っ越しで注意するポイント

      2016/04/02

新築マンションへの一斉入居時の引っ越しで注意するポイント

新築マンションに引っ越す場合、一斉入居の際に注意すべき点はあるのでしょうか?新築マンションへの一斉入居は、普通の一戸建てへの引っ越しとは異なる点があるようです。

引っ越し業者が管理会社から紹介される

まず、新築マンションを購入し、引っ越しすることが決まったら、マンションの管理をしている不動産から引っ越し業者を紹介されることがあります。

強制ではないので、自分たちで安い引っ越し業者を利用するのも良いでしょう。

しかしその場合、不都合が起きることがあります。

新築マンションへの引っ越しは限られた時間内に作業を終える必要があります。

ですからエレベーターや階段の取り合いが起こります。

色々なトラブル、家具にキズなどつく可能性がありますから、引っ越し業者から不動産屋さんへ連絡してもらうのが最も良い方法です。

指定された業者でもメリットは大きい

ただ、不動産から指定された業者であるなら、その引っ越し業者を使わねばならなくなります。

しかしその場合だと、手慣れたマンションであるためスムーズな引っ越し作業が出来、さらに応援などもスピーディに頼むことが出来ますから、全くそのマンションのことを知らない引っ越し業者に頼むより、スムーズに引っ越し作業を進めることが出来る可能性は高いのです。

また、指定された業者に頼んで引っ越し作業が終わって、万が一事故が発覚した場合、クレームを不動産を通して業者に入れることが出来ます。

そうなると引っ越し業者側はデメリットとなりますから、その不動産屋さんから指名が入らなくなる可能性があるため、クレームを穏便に済ませてくれることが多いのです。

指定された業者が多少高いと感じても、エレベーターや階段など接触による事故を起こしやすい場所でも手慣れたマンションなのでそのような事故が起こりにくくなります。

引っ越しする側としては、引っ越し業者は自分たちで選びたいものですが、マンションの管理会社から指名されるか、紹介されるかによって異なります。

紹介の場合は他の業者を選ぶことが出来ますが、リスクもあり、指定された業者は高い可能性がありますが、事故の心配も殆どしなくて良いというメリットがあります。

どちらにしても新築マンションへの引っ越しは、通常の引っ越しと多少違いますから、その点を覚えておきましょう。

 - 引っ越し手続き